風大地プロダクツ 自然を活かして暮らす

国産杉・桧のウッドフェンス…クロスポールフェンス

天然木好きにはたまらない …贅沢な木づかいフェンス

おしゃれな縦格子の国産材ウッドフェンス

私たちの大好きな杉や桧が、やっとエクステリアに使えるようになりました。間伐材の利用に長年取り組んで来た技術者の研究成果と、産地の木材加工技術の進化と、環境配慮型の防腐技術の発達と、これらが一体となって、森の息吹をまちに送り込みます。

クロスポールフェンスは、ウッドデザイン賞2016を受賞。
間伐・間伐材利用コンクール2016特別賞も受賞しました。

木製フェンスに間伐材を活用

小径間伐材の活用を

木組みのクロスポール工法

木組みのクロスポール工法でカッコよく

クロスポール工法のスリットフェンス

CO2を固定化し、森林整備につなげる

ウッドデザイン賞2016を受賞

クロスポール工法のウッドフェンスなので、裏側も見場がいい

木製のリバーシブルフェンス

横桟や支持具がないので、裏側も表のように見場がいい。違いは木ネジの有無だけ

リバーシブルな木製の目隠し塀

目隠しフェンスもクロスポール工法で、リバーシブルフェンスができる

木組み工法のフェンス

クロスポール工法は、丸棒を角材の孔に貫通させてパネル化する、木組みの工法です。

乾燥させた桧(ひのき)の丸棒をグリーン材(人工乾燥させていない木材)の孔に通すことで、乾燥・収縮とともに木材同士が噛み合わさって一体化したパネルになります。
接着剤を用いない物理的な木組みなので、パネルの完成後に加圧注入の防腐処理ができるため、薬剤浸透の抜けがなく、耐久性が高いことが特徴です。
また、小さな止めネジのほかに金物を使わないので、使用後の分解処分や焼却処分が容易です。
(特許第6083920号)

そして、何よりも、フェンスにすると格好がいいのです。

リバーシブルフェンス

塀を作るとき、きれいな方を道路側に向けると、庭側の景色が台無しになってガッカリした、そんな記憶はありませんか?。

クロスポールフェンスは、小さな止めネジ以外に、支持するための桟や金物をいっさい使っていないので、表から見ても、中から見ても格好がよく、庭がいっそう映えるリバーシブルなウッドフェンスです。

縦格子のガーデンフェンス

角材の孔に丸棒を通すクロスポール工法

角材を組んで、格子にも、目隠しにも

木材の種類、断面形状、太さ、間隔、孔の位置などで、様々なデザインのクロスポールフェンスができる。

多彩なデザインバリエーション

クロスポール工法は、木の丸棒の径や、丸棒を通す木材の形や大きさ、間隔、孔あけ位置を変えることで、多種多様なデザインが可能です。木材の間隔をあけた格子型のデザインや、角材の大きさや向きを変えたり、穴をずらしたりして組むリブデザインができます。

 

地震にも強い!

コンクリートブロック塀に替えると、地震の被害が軽減できます。

厚さ100mmのコンクリートブロック塀の重さ 約120kg /1m2
クロスポールフェンスの重さ 約9kg /1m2(42角格子)〜約24kg /1m2(56角目隠し)

コンクリートブロック塀の 1/13〜 1/5 の重さ … 軽くて倒れにくい

 

夏の暑さが和らぐ

木は、金属フェンスのような照り返しがなく、コンクリートのように蓄熱しないので暑さを引きずりません。高温になりにくいので植物が絡みやすく、風も通って涼やかなお庭を造ることができます。

 

安ものではありません。 が、決して高くはありません。

 
防腐加工で長寿命
 

クロスポールフェンスは、安全性が高く、土木・造園分野で広く実績のあるタナリス加圧注入による防腐処理を行っています。この防腐処理は、木材の表から8〜10mm奥まで薬剤が浸透して、腐朽菌へのバリアを作ります。防腐処理をしていない同じ木材と比べて、3倍〜5倍も長持ちです。

防腐処理していない杉や桧のフェンスを設置後に防腐塗装する場合に比べると、クロスポールフェンスはイニシャルコストは割高かもしれません。が、防腐のための塗り替え手間が不要で、長寿命なので、かえってとても経済的です。

クロスポールフェンスは、パネルの完成後に丸ごと釜に入れて防腐処理するので、薬剤浸透の抜けがありません。防腐処理材をカット加工して製品化している他の防腐処理プロダクツとも、耐久性能が大きく異なります。

 
加圧注入の防腐加工プラント
加圧注入の防腐処理材、国産杉の防音壁、22年超の耐久性
22年超の耐久性、防腐木材の塀

加圧注入で木材の奥まで防腐処理するので、長寿命

1995年に設置した東北自動車道上り線大谷PA間伐材遮音壁。22年経った今も現役

VOC、有毒ガスの心配もありません。
VOC関連の規制物質を使用していません。燃やしても、有毒ガスを発生しません。廃材は、通常の産業廃棄物(木屑)として廃棄できます。

 

エコです。森林資源の有効活用でCO2の固定化が図れます。

クロスポールフェンス(56角目隠し)1m2あたりで、約36kgの二酸化炭素を固定化しています。

材積0.056m3 × 容積密度0.35(t/㎥)× 炭素含有率(0.5) × 二酸化炭素換算係数(44/12)=0.03593(t-CO2)

木は、二酸化炭素 CO2を吸 い、炭素 Cを蓄えて成長します。木材は、炭素 Cの塊なのです。木材を燃やせば、炭素 Cは二酸化炭素 CO2として、また空気中に出て行きますが、木材のまま使えば、吸った二酸化炭素 CO2は炭素 Cとして蓄えられたままです。
なので、木を育てて使い続けると、地球上の二酸化炭素 CO2をとどめ置くことができるのです。

現在、屋外で使われる木材の多くは、腐りにくい南洋材です。しかし、近年、不法伐採・森林保護の観点から、南洋材には輸出規制がかかっています。
一方、国産材は、国土の2/3を占める森林の豊なストックです。間伐・整備し、伐採・植林し、森林資源を循環させることが国土の整備につながります。

立ててうれしいクロスポールフェンスは、実は、地球環境のためにも、森林整備のためにもうれしい!のです。

 

時とともに変わる木の色を楽しむ

クロスポールフェンスを無塗装のままにしておくと、5〜6年ほどで時代劇の建物のような灰色に変わっていき、古びた味わいを楽しむことができます。

クロスポールフェンスは、銅を含むタナリスを加圧注入した防腐処理材なので、始めは緑色がかっていますが、次第に緑色は抜け落ち、数ヶ月で日に焼けて黄褐色の自然な木の色になります。

リバーシブルな桧の目隠しフェンス
ひのきの目隠しフェンス

木の色は、施工直後は(左)緑っぽいが、数ヶ月後には(右)自然な木の色に落ち着いた。

リバーシブルな杉の角材の目隠しフェンス
リバーシブルな杉の角材の目隠し塀

施工直後の状態(左)、1年後(右)日に焼けて褐色が強くなった。

防腐処理した杉の角材の目隠しフェンス
防腐処理した杉の角材の目隠し塀

施工直後の状態(左)、2年後(右)植物が育って絡んできた。

1年ほど後には、さらに日に焼けて茶褐色になり、その後は年月が経つに連れて褪色し、古びた灰色に変わっていきます。

防腐処理した杉の角材のおしゃれなガーデンフェンス

施工1年後、日に焼けて褐色になったウッドフェンス

防腐処理した杉の角材のおしゃれな目隠しフェンス

施工5年後、古びて灰色になってきたウッドフェンス

塗装して色のコーディネートを楽しむ

クロスポールフェンスは、無塗装で古びの風情を味わうほかに、油性・水性どちらでも、塗装で着色することができます。

防腐処理と塗装をした杉のおしゃれな目隠しフェンスとプランターカバー

施工時にオイルステインで着色したウッドフェンスと植木カバー

防腐処理と塗装をした杉のおしゃれなポールフェンス

古びたままのウッドフェンス(奥)と、後で水性塗料で着色したウッドフェンス(手前)

※ 塗装は、当社ではお請けしておりませんので、お客様でお願いいたします。

 

クロスポールフェンスのご相談・ご注文はこちら

シンプルな構造なので、施工が容易、短期間で仕上がる

クロスポールフェンスは、化粧材そのものが構造材となっています。 なので、支柱を設置する → 養生する → 化粧材を取付ける… という二度手間がかかりません。
クロスポールフェンスは、基礎ブロックに差し込む、深く掘って埋める、等の一回工程で設置することができます。

 

格子フェンスの場合

杉の角材のウッドフェンス、縦格子、リバーシブル

支柱に格子パネルを、ポールを差し込んでつなぐシンプル工法。
抜け止めに、裏側に木ネジを打ちます。

杉の角材のウッドフェンス、縦格子、施工方法

コンクリートブロック(D120mm以上)の穴にも差し込める42角タイプ

杉・桧の角材のウッドフェンス、縦格子、施工方法

フェンス用基礎ブロックを使って施工する56角タイプ

クロスポール工法の格子フェンスは、すでに出来上がった格子パネルを支柱に差し込むシンプルな構造です。基礎ブロックの穴に生モルタルを入れ、支柱を差し込みながらフェンスを組み立てて、止めネジを打ち、固定・養生をします。
地盤土に直接埋設する場合は、支柱の埋込部を450mm以上に長く設けます。

※ コンクリートブロックの上に設置する場合は、コンクリートブロック塀の規定に基づいた基礎があることが前提です。

※ 直埋めは、地盤土の状態によりますので、判断はお客様でお願いいたします。

 

目隠しフェンスの場合

 
杉・桧の角材のウッドフェンス、目隠し、リバーシブル
 

一枚ものパネルをポールを差し込んでつなぐシンプル工法。

溝の中に枕木を置いて、一枚ものパネルをつなぎ並べ、コンクリートを打設。

境界ぎりぎりの施工では、コーチボルトを取り付け、片側からコンクリートを打設。(右図)

杉・桧の角材のウッドフェンス、目隠し、施工方法

クロスポール工法の目隠しフェンスは、すでに出来上がった一枚ものパネルを、ポールを差し込んでつないでいくだけのシンプルな構造です。
掘った溝の中に枕木を置き、一枚ものパネルをつなぎ並べ、止めネジを打ち、固定し、コンクリートを打設、養生します。
境界ぎりぎりの施工では、パネルの埋込部にコーチボルトを〇〇mm間隔に取付けて、片側からコンクリートを打設します。
地盤土に直接埋設する場合は、埋込部を600mm以上に長く設けます。

※ 直埋めは、地盤土の状態によりますので、判断はお客様でお願いいたします。

 

クロスポールフェンスのご相談・ご注文はこちら

 
 
 

規格品と特注品のクロスポールフェンス

様々なバリエーションのフェンスができるクロスポール工法ですが、一枚からでもご購入いただけるように、規格品を用意しました。
また、規格材料でのアレンジや、さらに、特注材料での自由デザインも、量によって承ります。

特注品クロスポールフェンスのご案内はこちら

規格品 … 一枚からでも承ります。

2種類の規格材料で、3タイプの規格品クロスポールフェンスをご用意しています。

2種類の規格材料

42角 …端柄材 端柄材(はがらざい)は、大きな丸太から角材をとった後の周辺の端材です。節が少ない、割れにくい、上品な感じ、といった特徴があります。
樹種は、杉(すぎ)です。
56角 …芯持ち材 小径の間伐材です。一般に芯材の方が周辺材より丈夫です。節が多く、ほとんどに割れが生じますが、フェンスの強度に影響はありません。野趣のある、若々しい感じの木材です。
樹種は、杉(すぎ)桧(ひのき)です。
杉の角材のフェンス
杉の角材の縦格子フェンス

〈42角…端柄材〉大きな丸太から角材をとった後の周辺の端材。節が少ない。割れにくい。上品な感じ。四隅は面取りします。

桧(ひのき)の角材の目隠しフェンス
桧(ひのき)の角材の縦格子、ポールフェンス

〈56角…芯持ち材〉小径の間伐材。芯材の方が辺材より丈夫。節が多い。割れる。野趣のある感じ。四隅は面取りします。

3タイプの規格品クロスポールフェンス

42角 格子フェンス 支柱間隔800mmで、コンクリートブロック(D120mm以上)の穴に差し込めます。
高さは、H800mm、H1000mm、H1200mm。
樹種は、杉(すぎ)で、端柄材(はがらざい)。
56角 格子フェンス 支柱間隔900mm。
高さは、H1200mm、H1500mm、H1800mm。
樹種は、杉(すぎ)と桧(ひのき)で、芯持ち材。
56角 目隠しフェンス パネル一枚の幅900mm。
パネルの長さは、埋込部を含めて2000mm、3000mm。
3000mmパネルは、100mm単位で寸法詰めができます。
樹種は、杉(すぎ)と桧(ひのき)で、芯持ち材。
 

42角 格子フェンス(端柄材)

支柱間隔800mmで、コンクリートブロックのピッチに合わせた寸法です。

※ コンクリートブロックの上に設置する場合は、コンクリートブロック塀の規定に基づいた基礎があることが前提です。

ブロックがフェンスと並行する場合は厚さ120mm以上、直交する場合は厚さ150mm以上のコンクリートブロックの穴に差し込むことができます。

フェンスの高さは、H800mm、H1000mm、H1200mm。

設置方法に応じて、支柱の長さを足すことができます。支柱の寸法足しの価格は、長さの比で割増です。

樹種は、杉(すぎ)で、端柄材(はがらざい)。

杉の角材のおしゃれな縦格子フェンス
杉の角材の縦格子フェンス、寸法
杉の角材の縦格子フェンス、寸法
杉の角材の縦格子フェンス、寸法
 

56角 格子フェンス(芯持ち材)

支柱間隔900mm。
フェンスの高さは、H1200mm、H1500mm、H1800mm。
フェンス用基礎ブロックを使って設置するほか、支柱の長さを基礎ブロックと同程度に伸ばして、直埋めすることもできます。支柱の寸法足しの価格は、長さの比で割増です。

※ 直埋めは、地盤土の状態によりますので、判断はお客様でお願いいたします。

樹種は、杉(すぎ)と桧(ひのき)で、芯持ち材。

杉・桧(ひのき)の角材のおしゃれな縦格子フェンス
杉・桧(ひのき)の角材の縦格子フェンス、寸法
杉・桧(ひのき)の角材の縦格子フェンス、寸法
杉・桧(ひのき)の角材の縦格子フェンス、寸法
 

56角 目隠しフェンス(芯持ち材)

パネル一枚の幅900mm。
パネルの長さは、埋込部を含めて2000mmと3000mmを用意しています。
長さ3000mmパネルの場合は、100mm単位でご希望の寸法に詰めて出荷することができます。寸法詰めしたパネルの価格は、元の長さ3000mmパネルの価格と同じです。

樹種は、杉(すぎ)と桧(ひのき)で、芯持ち材。

杉・桧(ひのき)の角材のおしゃれな目隠しフェンス
杉・桧(ひのき)の角材の目隠しフェンス、寸法
 
杉・桧(ひのき)の角材の目隠しフェンス、寸法
 
 

クロスポールフェンスのご相談・ご注文はこちら

 

特注品 …国産材・国内製だからできる自由デザイン

様々なバリエーションができるクロスポールフェンスの良さを生かして、規格材料でのアレンジ、特注材料での自由デザインを用意しました。

 

特注品① …10m・5mを越えたら、規格材料でアレンジできます。

フェンスの長さの合計が、格子フェンスなら10m、目隠しフェンスなら5mを越えると、規格材料を使ってアレンジしたフェンスができます。

〈特注品①の例〉

格子フェンスと目隠しフェンス

格子と目隠しのコンビフェンス。目隠しフェンスにも風穴を設けた。

横積みフェンス

横積みフェンス。ヒノキ丸棒の替わりに鉄の丸棒を使用して強化

格子フェンスと目隠しフェンス

52角の格子と目隠しフェンスにアレンジを加えた例。施工直後の様子

2種類の規格材料

42角 …端柄材 端柄材(はがらざい)は、大きな丸太から角材をとった後の周辺の端材です。節が少ない、割れにくい、上品な感じ、といった特徴があります。
樹種は、杉(すぎ)です。
56角 …芯持ち材 小径の間伐材です。一般に芯材の方が周辺材より丈夫です。節が多く、ほとんどに割れが生じますが、フェンスの強度に影響はありません。野趣のある、若々しい感じの木材です。
樹種は、杉(すぎ)桧(ひのき)です。
杉の角材のフェンス
杉の角材の縦格子フェンス

〈42角…端柄材〉大きな丸太から角材をとった後の周辺の端材。節が少ない。割れにくい。上品な感じ。四隅は面取りします。

桧(ひのき)の角材の目隠しフェンス
桧(ひのき)の角材の縦格子、ポールフェンス

〈56角…芯持ち材〉小径の間伐材。芯材の方が辺材より丈夫。節が多い。割れる。野趣のある感じ。四隅は面取りします。

フェンス長さが格子で10m(目隠しで5m)未満だけど、アレンジして欲しい。
… 内容によってはお請けできるかも知れません。割り増しになるかも知れませんが、ご希望をお知らせください。

クロスポールフェンスのご相談・ご注文はこちら

 

特注品② …1m3を越えたら、お好きなデザインができます。

木材の使用量が1m3を越えると、規格材料だけでなく特注材料を使った自由なデザインのフェンスができます。

木材の使用量1m3の目安は、
▶42角の材料なら、長さ1m・1本分の元材が0.002025m3なので、494本分に当たり、H1000の格子フェンスで49枚分です。
▶56角の材料なら、長さ1.5m・1本分の元材が0.0054m3なので、185本分に当たり、H1500の格子フェンスで23枚分です。
▶目隠しフェンスなら、56角・長さ2m・1本分の元材が0.0072m3なので、138本分に当たり、H1700の目隠しフェンス(埋込部を含めて2000mm)で8枚分です。

〈特注品②の例〉

特注でデザインした杉の目隠しフェンス

90×40mmの角材をタテ向きヨコ向きに交互に組んだリブデザインの目隠しフェンス

特注でデザインした桧(ひのき)の目隠しフェンス

ラウンドカットした目隠しフェンス(左)と、丸棒と丸棒で組んだ格子フェンス(右)

特注でデザインした透明な防腐処理の目隠しフェンス

無色透明な防腐処理剤を使用した例。足元を透かし、上部を目隠しにした掲示版フェンス

特注で製作した背高・薄型の目隠しフェンス

H2400の背高。リブ加工した90×40mm材を横に並べて軽量化したフェンス。控え柱あり

 

クロスポールフェンスのご相談・ご注文はこちら

 
 
 

規格品クロスポールフェンスの価格一覧

 

個人のお客様には、DIY応援割引、設置事例紹介ご協力割引、などの割引サービスがあります。

事業者のお客様には、事業者様専用のご質問・見積りご依頼の受け付けフォームを用意しています。

このページの最後までご覧ください。

 

42角 格子フェンス(端柄材)

杉のガーデンフェンスの価格
杉の木製フェンスの価格
杉の縦格子フェンスの価格
(税抜き価格)(送料は別)
杉 H800 パネル1枚支柱1本
¥8,700¥900
杉 H1000 パネル1枚支柱1本
¥9,700¥1,000
杉 H1200 パネル1枚支柱1本
¥10,700¥1,100

※ 支柱の寸法足しの価格は、長さの比で割増しです。

 

56角 格子フェンス(芯持ち材)

桧(ひのき)のガーデンフェンスの価格
桧(ひのき)の木製フェンスの価格
桧(ひのき)の縦格子フェンスの価格
(税抜き価格)(送料は別)
杉 H1200 パネル1枚支柱1本
¥12,300¥1,800
杉 H1500 パネル1枚支柱1本
¥16,500¥2,200
杉 H1800 パネル1枚支柱1本
¥18,600¥2,500

※ 支柱の寸法足しの価格は、長さの比で割増しです。

(税抜き価格)(送料は別)
ヒノキ H1200 パネル1枚支柱1本
¥15,300¥2,300
ヒノキ H1500 パネル1枚支柱1本
¥20,300¥2,900
ヒノキ H1800 パネル1枚支柱1本
¥23,200¥3,300

※ 支柱の寸法足しの価格は、長さの比で割増しです。
※ 56角ヒノキは、材料が売り切れました。2018年から受注再開いたします。

 

56角 目隠しフェンス(芯持ち材)

桧(ひのき)の目隠しフェンスの価格
 
桧(ひのき)の目隠し塀の価格
 
(税抜き価格)(送料は別)
杉 2000 パネル1枚枕木(パネル1枚分)
¥47,700¥2,500
杉 〜3000 パネル1枚枕木(パネル1枚分)
¥67,300¥2,500
(税抜き価格)(送料は別)
ヒノキ 2000 パネル1枚枕木(パネル1枚分)
¥59,700¥2,500
ヒノキ 〜3000 パネル1枚枕木(パネル1枚分)
¥85,300¥2,500

※ 56角ヒノキは、材料が売り切れました。2018年から受注再開いたします。

 
 
 

クロスポールフェンスのご相談・ご注文はこちら

 

個人のお客様はこちら

 

事業者のお客様はこちら

 

上記のほかにも

Eメールで、 FAX(03-5681-4911)で、
電話(03-5681-4912)で、お問い合わせください。

電話の場合は、つながりにくいことがあります。
折り返しご連絡いたしますので、お客様のお名前と連絡先、ご用件をお伝えください。

 
 

〈クロスポール工法〉

杉の角材のリバーシブルなガーデンフェンス

木組みのクロスポール工法 木組み工法のフェンス

〈規格品フェンス〉

〈格子フェンス〉

木製縦格子フェンスのユニット シンプルな構造

木製縦格子フェンスの施工方法 42角格子フェンス施工例

木製縦格子フェンスの施工方法 56角格子フェンス施工例

〈42角格子フェンス〉

杉の角材のリバーシブルなウッドフェンス 端柄材(はがらざい)

木組み工法でおしゃれな格子デザインのウッドフェンス 42角格子フェンス

縦格子デザインのウッドフェンス 42角格子フェンス 表側

リバーシブルなデザインのウッドフェンス 42角格子フェンス うら側

〈56角格子フェンス〉

桧(ひのき)の角材のリバーシブルなウッドフェンス 芯持ち材

桧(ひのき)の角材のリバーシブルなウッドフェンス 芯持ち材

桧(ひのき)の角材のリバーシブルなスリットフェンス 56角格子フェンス

リバーシブルな桧(ひのき)角材の縦格子フェンス 56角格子フェンス 表と裏

〈目隠しフェンス〉

木製目隠しフェンスのユニット 56角目隠しフェンス

木製目隠しフェンスの施工方法 56角目隠しフェンス施工例

桧(ひのき)の角材のリバーシブルな目隠しフェンス 56角目隠しフェンス

桧(ひのき)の角材のリバーシブルな目隠しフェンス 56角目隠しフェンス

〈特注品フェンス〉

縦格子フェンスと目隠しフェンス 格子と目隠しのコンビ

加圧注入の防腐処理で長寿命なウッドフェンスの材料 横積みフェンス

無色透明なモクボーAAC 無色の防腐処理もできます

加圧注入の防腐処理で長寿命なウッドフェンスの材料 90×40mm角材を使用

特注デザインで風通しのよい目隠しウッドフェンス 半ブラインドフェンス

おしゃれなリブデザイン、杉の目隠しフェンス おしゃれなリブデザイン

リブ加工材の目隠しフェンス 背高な目隠しフェンス

特注デザインで庭に合った目隠しウッドフェンス デザインカットと丸棒

塗装もOK(お客様で)
杉の縦格子デザインのウッドフェンス 着色塗装例

他の用途にも

おしゃれな木製の縦格子フェンス 展示用途にも
機器の目隠し用途にも

杉の縦格子デザインのウッドフェンス 無塗装で屋内用途にも

コピーライトは風大地プロダクツに属します。