風大地プロダクツのトップページへ 風大地プロダクツのトップページへ
箱模型実験キット
 

箱模型実験キット
INDEX

 
 
他にもこんな教材
〈小学生のための住環境教育教材〉

家模型ワークショップの
材料セット

家模型ワークショップの材料セット
実験と家模型づくりを通して「快適な住まい方」が体験的に学習できます。
家庭科「快適な住まい方」にもぴったり。
 
先生のためのテキストブック
『住まいをテーマとした環境教育』
 家庭科の授業を通して
住まいをテーマとした環境教育
制作:こどものためのオープンハウス
協力:風大地プロダクツ
東京ガス環境おうえん基金
A4・16頁
発行年月日 : 2011年3月
小学校の家庭科で使える、先生のための住環境教育のテキストブックです。横浜市の小学校で行ったモデル授業を基に、実地検証・制作しています。
テキストブックの無料ダウンロードもできます。
 
環境教育絵本・クールシティ
『How to Cool City
どうしたら涼しい夏が過ごせるのかな?』
環境教育絵本・クールシティ
緑のカーテンがいい訳、打ち水がいい訳、ヒートアイランド現象の訳がよくわかる。
環境の学習に、エコイベントに、ご活用いただけます。
 
 

風大地プロダクツについて

有限会社風大地プロダクツ

住環境教育の最新記事はこちら。

Amebits

施工の様子もご覧いただけます。
 
ワークショップ・講座のご相談は、
こどものためのオープンハウス
 

「冬暖かい家」「夏涼しい家」を作れないプロは、もう送り出しません。

建物の外皮と熱のふるまいを学ぶ
箱模型実験キット

学生から「よくわかって面白く学ぶことができる」と好評で、受講者が増えました。
(有名私大建築学科M先生 2013年)

模型作製や材料の組立てが簡単で、様々な組合せを試すことができ、とても面白かったです。
(有名私大建築学科T先生 2014年)

箱模型実験は、省エネルギー住宅のあり方を実験を通して学び、熱を感覚的に捉えることができる教材です。
聞いたことはすぐ忘れますが、自分で実験をして五感で得たことは後々まで覚えています。
建築環境工学の入門期に箱模型実験を行って、温熱環境へのつかみを得ると、後の授業に関心をもって取り組むことができます。

箱模型実験は、建物に見立てた箱に、断熱材や蓄熱材、遮蔽材、窓材などをいろいろな組合わせで取り付け、 それを太陽に見立てた電球で照らしたり消したりして、箱内部の温度変化を観察する実験です。
素材に触れ予測しながら進め、結果を数値で受け止めて考察するこの実験は、温熱環境への感性を養います。

箱模型実験キット

箱模型実験キット 箱模型実験キット 箱模型実験キット

箱模型実験キットのグラフ
箱模型実験キット 箱模型実験キット

 

仕掛けの異なる3つの箱を組み立てて、電球の周りに置きます。点灯(昼)と消灯(夜)を繰り返したときに、それぞれの箱の内部の温度変化がどうなるかを予測してみます。

点灯15分・消灯15分・点灯15分の計45分間に、3分間隔で温度測定し、測定値をグラフに書込んでいきます。そして、その結果について、どうしてそうなったのかを考察します。

 
 
 
 

箱模型実験の基本 「冬の実験」と「夏の実験」

「仕掛けの異なる箱」をいろいろな組合せで作って実験することができますが、
まずはじめは、基本の実験として「冬の実験」「夏の実験」をおすすめします。

「冬の実験」

自然のポテンシャルを活かした冬暖かい住まいについて考察する実験です。

箱模型実験、冬の実験

箱模型実験キット、冬の実験材料

 

冬の実験では、蓄熱と断熱について実験します。
右上の図のA・B・Cの箱を実際の建物に例えると、
Aの箱は断熱されていない木造の家、
Bの箱はコンクリート打ちっ放しの家、
Cの箱は外断熱されたコンクリートの家、
ということになります。

実験の進め方はこちら

箱模型実験の冬の箱
 

下のグラフは、データロガーで採った精密な温度変化です。A・B・Cのどの箱が何色の折れ線でしょう?

箱模型実験の細かい冬のグラフ
 
箱模型実験の冬のグラフ

左は、実験参加者が棒温度計で測って記入したグラフです。

 

「夏の実験」

自然のポテンシャルを活かした夏涼しい住まいについて考察する実験です。

箱模型実験、夏の実験

箱模型実験キット、夏の実験材料

夏の実験では、日射遮蔽、夜間換気、冷蓄熱について実験します。
右上の図のA・B・Cの箱を実際の建物に例えると、
Aの箱は、部屋の中のカーテンで日ざしを遮っている、断熱された木造の家、
Bの箱は、部屋の外のすだれで日ざしを遮っている、断熱された木造の家、
Cの箱は部屋の外のすだれで日ざしを遮っていて、かつ、夜間換気をする外断熱されたコンクリートの家、
ということになります。

実験の進め方はこちら

箱模型実験の夏の箱
 

下のグラフは、データロガーで採った精密な温度変化です。A・B・Cのどの箱が何色の折れ線でしょう?

箱模型実験の細かい夏のグラフ
 
箱模型実験の夏のグラフ

左は、実験参加者が棒温度計で測って記入したグラフです。

 
 
 
 

箱模型実験キットについて

箱模型実験は、建物の外皮と熱のふるまいを体験的に学ぶことができます。ここで得た知見・感性は、パッシブ建築にとどまらず、エネルギー効率のよい快適な建築環境づくりの礎になり、建築に関わる全ての方に強くお勧めしたい基礎基本の実験教材です。

箱模型は、自力でいろいろな材料を工夫してつくることもできますが、それには大変な時間と労力が必要です。

そこで、この箱模型実験キットを使えば、箱の組合せを変えたり、実験方法をアレンジしたりして、建物外皮と熱のふるまいを、何度でも実験を繰り返して学ぶことができます。

 
 

箱模型実験キットの開発ストーリー

●箱模型実験は、東京都市大学環境情報学部の建築環境学教授・宿谷昌則博士が考案された教材です。
もとは、 環境工学を学ぶ大学生が夏休みの課題として、自分で箱や中に入れる仕掛けを作って実験し、その結果を考察したり数式にしたりして、レポートにまとめていました。
2004年から始まった環境省・学校エコ改修と環境教育事業(エコフロー事業)で、宿谷教授の講座が始まるとともにこの教材も取り入れられ、 講座の深度こそ違え、小学生から建築技術者にまで幅広く使われて、身近な熱環境への理解が深まる、と高く評価されました。
というのも、素材に触りながら予測しながら行い、結果を数値で受け止めて考察するこの実験は、熱環境への感性を養い、実験を通して得たことが深く記憶として残るので、それらが省エネルギーで快適な住まい方やエコ建築を普及させる推進力となるからです。
そして、この箱模型実験が至る所で頻繁に行われることが必要と考え、 エコフロー事業事務局のオーガニックテーブル株式会社(当時)の監修で、風大地プロダクツが実験材料をキット化し、2007年から現行モデルでの製作販売をはじめました。

児童による箱模型実験  建築技術者による箱模型実験  建築技術者による箱模型実験
環境省・エコフロー事業で、児童生徒を対象にした実験、建築技術者を対象にした実験と結果の考察

●宿谷教授は、2012年日本建築学会教育賞(教育業績)を受賞されました。
日本建築学会教育賞(教育業績)は、長年の活動によって成果が認められ、建築教育の発展ならびに社会に顕著な貢献をした業績を表彰するものです。
宿谷教授は、環境配慮型の建築とそれに応じたライフスタイルの形成を目指した住環境教育のプログラムを開発。それらのプログラムが、子どもから一般市民、建築の専門家など年代や職業を問わない幅広い対象を相手に実践されていること等が高く評価されました。

 
 
 

『箱模型実験キット』は、こんな方におすすめです。

 

 大学や専門学校などで建築や建築環境工学を教えられる先生。

箱模型実験は、学生が建物外皮と熱のふるまいを学びながら、熱を感覚的に捉えることができる教材です。
聞いたことはすぐ忘れますが、自分で実験をして五感で得たことは後々まで覚えています。
建築環境工学の入門期に箱模型実験を行って、熱環境への関心を抱くと、後の授業に集中して取り組むことができます。

 住宅や建材メーカーなどの方、地域の設計事務所、工務店、住宅展示場の方。

社員研修に…箱模型実験を通して、「快適な住まい」についての基本的な共通認識を築くことができます。また、優れた貴社商品の価値を再認識する機会となり、日常業務へのモチベーションが上がります。
営業活動に…箱模型実験は、貴社が提供される「快適な住まい」をお客様にPRする、わかりやすいデモになります。

 自治体のまちづくりや住宅政策に関わる方。

環境配慮型の建築はエネルギー効率がよく健康的であると言われますが、ハードウェアの普及とともに、住まい手側のライフスタイルの形成も必要です。季節に合った住まい方について知らなければ、環境配慮型の建築もただの箱です。自然を活かした快適な住まいづくり・住まい方とはどのようなものなのか、住まい手も学ぶことが大切です。箱模型実験では、それらを体験的に楽しく学び取ることができます。役所内での学習会や、市民向けイベント、学校への出前授業などで、子どもから一般市民、建築の専門家など年代や職業を問わず幅広い対象を相手に、箱模型実験を活用した学習を展開して、住環境の改善や、健全な住宅の普及につなげることができます。

 環境教育を行う自治体の環境学習センターなどの方、NPOの方。

自分から発して、最も近い環境…住まい、まち、国、地球、宇宙というように、私たちの環境は入れ子構造になっています。箱模型実験を活用した学習では、宇宙から届くエネルギーが私たちの住まいにどのようなふるまいをしているのか、また、住まい・住まい方をどのように工夫すると、身近な自然を活かした心地よさが得られるのか、ということが学べます。自分の身近な住環境から地球環境への広がりを感じ取る環境への感性を養い、自らの行動を選択する知恵のある、持続可能なライフスタイルを持つ市民を育てることにつながります。

 総合的な学習の時間など、教科を横断・総合した発展的な学習をお考えの先生。

箱模型実験は、棒温度計の数値を読んでグラフに表す(算数との連動)、太陽の光や熱、ものの温まり方(理科との連動)、地理や歴史と照らし合わせてみる(社会との連動)、快適な住まい方(家庭科との連動)など、多くの学習要素を含んでいるので、各教科で学んだことを総合した発展的な学習に活用することができます。

 
 
 
 
 

箱模型実験キットは、プロ養成講座だけでなく、住環境教育講座でも広く使われています。

『わたしたちのくらしとエネルギー』(経済産業省資源エネルギー庁発行)の教師用解説書、住生活とエネルギーの単元の中で、快適な住まいを考える実験キットの例として紹介されています。

『わたしたちのくらしとエネルギー』… 発行:経済産業省資源エネルギー庁、編集:公益財団法人 日本科学技術振興財団 エネルギー教育事務局、発行日:2015年6月、全国の中学校に無償配布の教材です。

「住宅・すまいWeb」社団法人住宅生産団体連合会 運営 >
「教育とすまい・まち」東京学芸大学名誉教授 小澤紀美子先生コンテンツの 住教育関連資料一覧
『箱模型実験キット』が紹介されています。

住教育関連資料一覧は、学校教育をはじめ、社会教育や地域での活用が可能な、住生活・住環境の質を高める教育・学習プログラムを紹介するページです。
 
 
 
 
 

箱模型実験キットのセット内容と価格  (消費税は別途)

Aセット 夏の実験と冬の実験ができる「推奨セット」
+「すだれと霧吹きの実験セット」
箱は3組、部品は2組 ¥46,800
Bセット 夏の実験と冬の実験ができる「推奨セット」 箱は3組、部品は2組 ¥36,800
Cセット 2つの箱で比較実験する「ミニマムセット」 箱は2組、部品は1組 ¥26,800
Dセット 「すだれと霧吹きの実験セット」 箱も部品もなし ¥19,800
Eセット 箱と部品が全部3個ずつ揃っている「フルセット」
+「すだれと霧吹きの実験セット」
箱は3組、部品も3組 ¥49,800
Fセット 箱と部品が全部3個ずつ揃っている「フルセット」 箱は3組、部品も3組 ¥39,800
 

セット内容の詳しい紹介は、こちら

 
 
 
 
 

ご注文方法

 

オンラインショップから注文

オンラインショップ画面を別ウィンドウで開く

クレジットカード決済ができます。
VISA/MASTER/DINERS/JCB/AMEX

 

Aセット「推奨セット」+「すだれと霧吹きの実験セット」

箱模型実験キット・Aセットすだれと霧吹きの実験つき
冬の実験・夏の実験ができる基本セット。箱と断熱材が3個ずつ、他の部品が2個ずつ、入っています。
 

Bセット「推奨セット」

箱模型実験キット・Bセット
冬の実験・夏の実験ができる基本セット。箱と断熱材が3個ずつ、他の部品が2個ずつ、入っています。
 

Cセット「ミニマムセット」

箱模型実験キット・Cセット
二つの箱で比較実験するミニマムセット。箱と断熱材が2個ずつ、他の部品が1個ずつ、入っています。
 

Dセット「すだれと霧吹きの実験セット」

すだれと霧吹きの実験すだれと霧吹きの実験
 

Eセット「フルセット」+「すだれと霧吹きの実験セット」

箱模型実験キット・Eセットすだれと霧吹きの実験つき
すべての部品が3個ずつ入っている。なので、応用実験ができます。
 

Fセット「フルセット」

箱模型実験キット・Fセット
すべての部品が3個ずつ入っている。なので、応用実験ができます。
 
 

Eメール、FAX(03-5681-4911)で直接ご注文

●Eメール、FAX(03-5681-4911)でのご注文は、件名を「箱模型実験キット注文」とお書きください。本文には、下記の項目をお書きください。

件名は箱模型実験キット注文

1.ご注文の品名
  【 Aセット:「推奨セット」+「すだれと霧吹きの実験セット」
    Bセット:「推奨セット」
    Cセット:「ミニマムセット」
    Dセット:「すだれと霧吹きの実験セット」
    Eセット:「フルセット」+「すだれと霧吹きの実験セット」
    Fセット:「フルセット」】
 
2.ご注文数…〇〇セット
 
3.お客様のお名前
4.郵便番号
5.ご住所
6.電話番号
7.FAX番号(FAXでご注文の場合は記載ください。)
8.電子メール(電子メールでご注文の場合は記載ください。)
 
9.お支払い方法
  【 銀行振込前払い / 郵便振替前払い / 代金引換 / その他、ご相談(自治体・学校関係のお客様は、次のメッセージ欄にお書きください。)】
 
10.メッセージ

 

●ご注文金額には、製品価格の他に、消費税5%と送料(ヤマト運輸・東京発・120サイズ/1セット)、代金引換の場合は代引手数料¥315が別途かかります。
合計金額は、後ほどご連絡いたします。

●お支払い方法は、〈銀行振込前払い〉〈郵便振替前払い〉〈代金引換〉〈その他、ご相談〉
〈お願い〉振込・振替手数料は、お客様でご負担ください。

●納期は、お代金の入金確認後(代金引換の場合はご注文後)、1週間以内に発送いたします。

 


特定商取引法に基づく表示