風大地プロダクツ 自然を活かして暮らす

クロスポール工法の 国産木材のウッドフェンス

クロスポールフェンスの特徴とメリット

クロスポールフェンス 56角 目隠しフェンス。杉の柾目が美しい、角材の目隠し&縦格子フェンス。天然木。コンクリート基礎に施工。防腐処理で長寿命。リバーシブル。

クロスポールフェンスは、クロスポール工法のウッドフェンス

 
クロスポール工法は、木組み工法

クロスポール工法は、角材の孔に丸棒を貫通させてフェンスパネルを作る、木組みの工法です。

クロスポールフェンス 42角 格子フェンス。42mm角材の縦格子フェンス。天然木、杉。コンクリートブロックに合わせた800mmピッチ。ブロックの穴に差し込むだけの簡単施工。リバーシブル。

角材の孔に丸棒を通すクロスポール工法

クロスポールフェンス 56角 格子フェンス。天然木、桧の芯持ち材を丸ごと使った、角材の縦格子、リバーシブルフェンス。フェンスパネル化して施工が楽。防腐処理で長寿命。

角材に丸棒を貫通させて、木材の変形を防いでいる。

クロスポールフェンス 56角 格子フェンス。天然木、桧の芯持ち材を丸ごと使った、角材の縦格子、リバーシブルフェンス。フェンスパネル化して施工が楽。防腐処理で長寿命。

フェンスパネルを横に継いで設置する。

 

乾燥させた桧(ひのき)の丸棒をグリーン材(人工乾燥させていない木材)の孔に通すことで、乾燥・収縮とともに木材同士が噛み合って一体化したパネルになります。
接着剤を用いない物理的な木組み工法なので、パネルの完成後に加圧注入の防腐処理ができて、薬剤浸透の抜けがなく、耐朽性が高いことも特徴です。

 
ウッドデザイン賞2016と2018を受賞
クロスポールフェンスはウッドデザイン賞2016を受賞 クロスポール工法

ユニークな木組み工法のクロスポール工法は、栃木県の有限会社ナベ企画 代表取締役 渡辺保氏の長年の研究によって完成した特許工法です。
(特許第6083920号)

クロスポール工法とこの工法によるクロスポールフェンスは、2016年と2018年にウッドデザイン賞を受賞。
合わせて、間伐・間伐材利用コンクール2016特別賞も受賞しています。

乾燥収縮によって曲がったりねじれたりしやすい性質の木材を、クロスポールで矯正して有効利用できることのほか、 屋外製品としての高いデザイン性、優れた施工性、耐朽性の高さによる国産杉・桧の有効利用性、などが受賞の理由です。

風大地プロダクツでは、考案者で一級建築士の渡辺保氏の監修のもとクロスポールフェンスの製造販売を行い、エクステリア分野における国産材の有効利用を進め、持続可能な開発にも貢献しています。

クロスポールフェンスをおすすめしたい7つの理由

クロスポールフェンスは、角材を丸棒でつなぎ合わせてフェンスパネルを作り、丸ごと加圧注入で防腐加工する、国産材のウッドフェンスです。そのため、このようなたくさんのメリットがあります。

 
クロスポールフェンス。杉ヒノキの角材で作る縦格子フェンス。防腐処理で長寿命、リバーシブル。

⒈ 無垢の天然木、杉とヒノキ、そのまんま

異なる角材の組み合わせで様々なクロスポールフェンスができます。
木の好きな人にはたまらない。
自然な味わいをお楽しみください。
クロスポールフェンスに使う主な角材
角材を丸棒でつなぎ合わせるクロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命、リバーシブル。
角材を丸棒でつなぎ合わせるクロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命、リバーシブル。
角材を丸棒でつなぎ合わせるクロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命、リバーシブル。
角材を丸棒でつなぎ合わせるクロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命、リバーシブル。
角材を丸棒でつなぎ合わせるクロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命、リバーシブル。

42角
ヒノキ
節あり・ほぼ無節

30×56角
ヒノキ
節あり・上小節

56角
ヒノキ
小節あり・節あり

40×85角
ヒノキ
節あり

30×120板
ヒノキ
節あり

 
クロスポールフェンスのいろいろなデザイン
▼画像をクリックすると拡大します。
 
 
クロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命、リバーシブル。コンクリートブロックの上に立てる施工例
⒉ 杉とヒノキ?すぐ腐るでしょ? いいえ、長持ちしますよ。
木材の表から5〜10mm奥まで薬剤が浸透する加圧注入の防腐処理を行っているので、無処理材と比べて、3倍〜5倍も長持ちです。
加圧注入の防腐処理

クロスポールフェンスは、土木・造園分野で広く実績があり、安全性の高い薬剤で、加圧注入による防腐処理を行っています。これは、AQ認証レベルの高度な防腐処理で、木材の表から5〜10mm奥まで薬剤が浸透して、腐朽菌へのバリアを作ります。防腐処理をしていない同じ木材と比べて、3倍〜5倍も長持ちです。

※AQ認証は、(財)日本住宅木材技術センターが実施している、木質建材の質・性能を保証する制度です。

加圧注入の防腐処理プラント
加圧注入の防腐処理材、国産杉の防音壁、24年超の耐久性
加圧注入の防腐処理材、国産杉の防音壁、24年超の耐久性

加圧注入で木材の奥まで防腐処理するので、長寿命

1995年に設置した東北自動車道上り線大谷PA間伐材遮音壁。25年経った今も現役

 

クロスポールフェンスで使用している加圧注入の防腐処理剤は、

広く実績のあるタナリスCY(はじめは緑色)、または、無色透明のAACです。

クロスポールフェンス 42mm角材の縦格子フェンス。天然木。杉にタナリスCYで加圧注入の防腐処理。コンクリートブロックに合わせた800mmピッチ。
クロスポールフェンス 42mm角材の縦格子フェンス。天然木。杉にAACで加圧注入の防腐処理。コンクリートブロックに合わせた800mmピッチ。

杉にタナリスCY(左)、AAC(右)

クロスポールフェンス 56mm角材の目隠しフェンス。天然木。桧にタナリスCYで加圧注入の防腐処理。外からも中からも格好いいリバーシブルフェンス。
クロスポールフェンス 56mm角材の縦格子フェンス。天然木。桧にAACで加圧注入の防腐処理。外からも中からも格好いいリバーシブルフェンス。

桧にタナリスCY(左)、AAC(右)

上記は防腐処理直後の写真です。屋外品なので、いずれも時とともに変色・褪色していきます。
下の写真は、タナリスCYで防腐処理したクロスポールフェンスの色変化の様子です。

クロスポールフェンス。天然木、角材の目隠しフェンスと縦格子フェンス。リバーシブルフェンス。フェンスパネル化して施工が楽。防腐処理で長寿命。 クロスポールフェンス。天然木、角材の目隠しフェンスと縦格子フェンス。リバーシブルフェンス。フェンスパネル化して施工が楽。防腐処理で長寿命。

施工直後(上)は緑っぽいが、3ヶ月後(下)には褪色と日焼けで黄褐色になった。(桧)

クロスポールフェンス。天然木、角材の目隠しフェンスと縦格子フェンス。リバーシブルフェンス。フェンスパネル化して施工が楽。防腐処理で長寿命。

施工直後でタナリスCYの緑色が強い。

クロスポールフェンス。天然木、角材の目隠しフェンスと縦格子フェンス。リバーシブルフェンス。フェンスパネル化して施工が楽。防腐処理で長寿命。

施工後3年経過。黄褐色も褪色して灰色になった様子。

タナリスCY(はじめは緑色)
銅を主成分とし、アゾールを補助殺菌剤とする銅・アゾール系の木材保存剤です。

AAC(無色透明)
ココナッツアミンを原料にしたDDAC(ジデシル・ジメチル・アンモニア・クロライド)が主成分の木材保存剤です。

どちらも、
・気になる臭いがありません。
・表面のベタつきがありません。
・無処理木材と同様に塗装・接着などの加工が可能です。
・養生後は、降雨など水に濡れても主成分はほとんど溶け出しません。
・建築基準法で使用が禁止されている「クロルピリホス」、有害性の高い6価クロム、ヒ素は使用していません。
・シックハウス対策の規制を受ける「ホルムアルデヒド」の放散量は、薬剤処理しない木材と同等です。
・有害物質は使用していませんので、通常の廃棄物(事業系の場合は産業廃棄物)として適切に処理できます。

 
塗装もできます。

クロスポールフェンスは、無塗装のままで古びの風情を味わうことができますが、塗装して美観を長持ちさせることもできます。
加圧注入の防腐処理は、木を腐らせる腐朽菌に対して有効です。一方、塗装、特に濃色の塗装は、紫外線に対して有効です。
(2020年2月日本木材防腐工業組合 調査資料より)

クロスポールフェンス 防腐処理と塗装をした杉のおしゃれな目隠しフェンスとプランターカバー、リブ加工材を使ったオーダーメイド

施工時に塗装・着色したクロスポールフェンス

クロスポールフェンス 防腐処理と塗装をした杉のおしゃれなポールフェンス、105角を使ったオーダーメイド

古びたままのクロスポールフェンス(奥)と、後で水性塗料で着色したクロスポールフェンス(手前)

※ 塗装は、当社ではお請けしておりませんので、お客様でお願いいたします。

 
クロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命。表も裏もカッコいい、リバーシブル
⒊ 表も裏もカッコいい、リバーシブル
せっかく塀を作ったのに、表を道路側に向けたので、庭側に裏桟や金物がむき出しになってしまった!?
クロスポール工法のフェンスなら、内側も表側と同じように格好よく仕上がります。

リバーシブルで生きる、フェンスの内側・外側

▼画像をクリックすると拡大します。
クロスポールフェンス、56角のフェンスパネル、ヒノキ。角材の組み合わせで色々なバリエーションができる。防腐処理で長寿命、リバーシブル。
クロスポールフェンス、56角のフェンスパネル、ヒノキ。角材の組み合わせで色々なバリエーションができる。防腐処理で長寿命、リバーシブル。

プライベートなテラスを内側に作る予定のフェンス。

クロスポールフェンス 42角 格子フェンス・杉柾目。角材の組み合わせで色々なバリエーションができる。防腐処理で長寿命、リバーシブル。
クロスポールフェンス 42角 格子フェンス・杉柾目。角材の組み合わせで色々なバリエーションができる。防腐処理で長寿命、リバーシブル。

園児の遊ぶテラスを囲むフェンス。
赤坂クレア保育園様 施主:社会福祉法人 慈光福祉会様 設計:株式会社 アトリエオズミィ様 施工:株式会社 イチケン様

 
クロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命。木は軽いので地震にも強い
⒋ 地震にも強い!

コンクリートブロック塀から木の塀、クロスポールフェンスに替えると、地震の被害が軽減します。

コンクリートブロック塀の 1/10〜 1/5 の重さ … 軽い!
フェンスの重さ比べ
コンクリートブロック塀は重い。地震で倒れると危険
外構 柵 縦。コンクリートブロック塀をウッドフェンスに取り替えよう。軽くて地震に強い、木製の縦格子フェンスに。クロスポール工法だからできる技。

最も薄い厚さ100mmのコンクリートブロック塀でも、重さは、1m2あたり約120kg。
クロスポールフェンスの重さは、タイプによって、1m2あたり約11〜25kg、
コンクリートブロック塀の 1/10〜1/5 の重さです。
しかも、水分の偏りで上に行くほど軽いので、いっそう倒れにくいのです。

コンクリートブロック塀をクロスポールフェンス に取り替えよう。軽くて地震に強い、木製の縦格子フェンスに。クロスポール工法だからできる技。
コンクリートブロック塀をクロスポールフェンス に取り替えよう。軽くて地震に強い、木製の縦格子フェンスに。クロスポール工法だからできる技。

コンクリートブロック塀(厚さ100mm)

クロスポールフェンス。コンクリートブロック塀をウッドフェンスに取り替えよう。軽くて地震に強い、木製の縦格子フェンスに。クロスポール工法だからできる技。42角格子 10kg/1㎡

クロスポールフェンス
42角 格子フェンス

クロスポールフェンス。コンクリートブロック塀をウッドフェンスに取り替えよう。軽くて地震に強い、木製の縦格子フェンスに。クロスポール工法だからできる技。56角格子 18kg/1㎡

クロスポールフェンス
56角 格子フェンス

クロスポールフェンス。コンクリートブロック塀をウッドフェンスに取り替えよう。軽くて地震に強い、木製の縦格子フェンスに。クロスポール工法だからできる技。25kg/1㎡

クロスポールフェンス
56角 目隠しフェンス

上記の重量は、設置後しばらくして、十分乾燥したときの重さです。
クロスポールフェンスの製作直後は、防腐処理によって水分をたっぷり吸っているのでとても重く、上記重量の1.5〜2倍の重さとなっています。

 
ご採用事例
▼画像をクリックすると拡大します。
クロスポールフェンス、56角のフェンスパネル、ヒノキ。角材の組み合わせで色々なバリエーションができる。防腐処理で長寿命、リバーシブル。
クロスポールフェンス、56角のフェンスパネル、ヒノキ。角材の組み合わせで色々なバリエーションができる。防腐処理で長寿命、リバーシブル。

万年塀をウッドフェンスに建て替えた事例。東京都推奨仕様
施主:日本大学豊山女子高等学校・中学校様 施工:株式会社原設備工業様

 
クロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命。フェンスパネル化で施工が楽。
⒌ シンプルな構造なので、施工が容易、短期間で仕上がる
クロスポールフェンスは、すでにでき上がった格子パネルや目隠しパネルを、横に並べて立て込みます。
なので、支柱を設置する → 養生する → 化粧材を取付ける… という二度手間がかかりません。

クロスポールフェンスのいろいろな設置方法

クロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命、リバーシブル。コンクリートブロックの上に立てる施工例 ① コンクリートブロック上に

クロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命、リバーシブル。地面を掘って、杭と土台の上に立てる工法 ② 地面に溝を掘って立てる

クロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命、リバーシブル。既存の基礎の上に立てる施工例 ③ 基礎に立てる

クロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命、リバーシブル。土間コンクリートや舗装面に立てる施工例 ④ 土間や舗装面に立てる

 
 
クロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命。表も裏もカッコいい、リバーシブル
⒍ 安ものではありません。 が、決して高くはありません。
クロスポールフェンスは、エクステリア製品としてのデザイン、きちんとした防腐処理が行われているので、安くはありません。
しかし、施工費と合わせた価格、何度も防腐塗装する価格、を考えたら、決して高くはありません。
屋外の木は、防腐処理しないと高くつく

防腐処理していない杉や桧のフェンス材料は確かに安いでしょう。でも、そのままでは4〜6年で腐ります。なので、2〜3年ごとに防腐塗装する必要があります。一方、クロスポールフェンスは初期費用は割高かもしれません。が、防腐のための塗り替え手間が不要で、長寿命なので、かえってとても経済的です。

屋外の木は、防腐処理しないと高くつく。防腐処理していない杉や桧のフェンスは、そのままでは4〜6年で腐る。
 

クロスポールフェンスは、パネルの完成後に丸ごと圧力釜に入れて防腐処理しているので、材料の隅々まで薬剤が行き渡っています。防腐処理材をカット加工している他の防腐処理フェンスと比べても、耐久性能が大きく異なります。

それから、クロスポールフェンスは、VOC関連の規制物質を使用していません。
燃やしても、有毒ガスを発生しません。
フェンスの寿命を終えた廃材は、通常の産業廃棄物(木屑)として廃棄できます。

 
クロスポールフェンス。杉ヒノキの縦格子フェンス、防腐処理で長寿命。表も裏もカッコいい、リバーシブル
⒎ 木を使うと、環境によいことがいろいろあります。
木は、紫外線による美容・健康被害を緩和します。
木は、ヒートアイランド現象を緩和します。
木を使い続けると、CO2が固定化されます。
国産材を使って、新しく苗を植えると、日本の森林資源が循環します。
木が、紫外線による美容・健康被害を緩和する?

木は、シミやシワ、皮膚ガンの原因になる紫外線を吸収してくれます。木(杉)が反射する紫外線(350nm)はわずか2%前後ですが、これに比べて、鉄は20〜25%、アルミニウムは50%前後、紫外線を反射します。なので、木に囲まれていると紫外線を浴びる量が少なくて済むのです。
(2020年2月日本木材防腐工業組合 調査資料より)

 
木が、ヒートアイランド現象を緩和する?

木は、熱を蓄えにくい材料です。それに比べ、コンクリートは熱をよく蓄えます。そのため、家屋がコンクリートに囲まれていると、夏の夜、昼間の熱がいつまでも残って暑苦しく感じられます。
この現象がまち全体に及ぶとヒートアイランド現象となります。なので、コンクリートに囲まれるよりも、木に囲まれる環境に変えると、心地よい住まいになるとともに、ヒートアイランド現象も緩和されるのです。

 
木を使い続けると、CO2が固定化されるって?

木は、空気中のCO2を吸って、光合成をして、炭素を貯めて大きくなります。

木材とCO2の循環
木を燃やしても、その分、新しい木を植えて育てれば、地球上のCO2は±0。
木材と二酸化炭素の循環
木材とCO2の固定化
木を木製品として使い続ける限り、木が貯めたCO2は空気中に出ていきません。なので、さらに新しい木を植えて育てれば、空気中のCO2は減っていきます。
木材と二酸化炭素の固定化

クロスポールフェンス(56角目隠し)は、1m2あたりで、約32kgのCO2を固定化しています。

間伐材の角材を丸ごと縦格子フェンスに活用

日本の人工林の整備にも

クロスポールフェンス 間伐材の角材を丸ごと縦格子フェンスに活用

杉・ヒノキをカッコよく製品化して

クロスポールフェンス 間伐材の角材を丸ごと縦格子フェンスに活用

都市部でたくさん使ってもらおう

 
 
 

クロスポールフェンスのご相談・ご注文はこちら

 

製品をお届けします。
設置工事は、場合により、関東限定でお請けしています。

 

製品のご注文は、

まだプランが固まっていない、そんな場合でもお問い合わせください。
設置場所の図面や写真を、ご希望とともにお送りいただけましたら、ふさわしいフェンスや設置方法をご案内いたします。
また、このwebサイトでご紹介しきれていないタイプもありますので、ご相談ください。

 

納期は、1.5ヶ月〜2ヶ月ほどいただきます。

製品の内容や量、また製作現場の混み具合によって長く待っていただくこともありますので、ゆとりを持ってご注文ください。

 

配送について

製品は大きくて重いので、送料が相当にかかります。
法人のお客様か、個人のお客様かによって、配送方法や料金が異なりますので、個人のお客様はなるべく施工業者様に受け取りをご依頼ください。

  法人のお客様 個人のお客様
JITBOXチャーター便 ※ ×
トラックチャーター便
 

※ JITBOXチャーター便 … 内寸 W1040mm x D1040mm x H1700mmのカゴに入れて運びます。

フェンスパネル全高 1700mmまでの製品が JITBOXチャーター便で運べます。
42角 格子フェンスなら、25枚まで一度に運べます。
送料の目安は、外部ページの
☞ JITBOX チャーター・ヤマトボックスチャーターをご覧ください。 発地は千葉県(あるいは栃木県)です。

ただし、法人限定のサービスなので、個人のお客様は施工業者様に荷受けをご依頼ください。

クロスポールフェンス、天然木のウッドフェンス、角材の縦格子フェンス、配送方法

JITBOXチャーター便

クロスポールフェンス、天然木のウッドフェンス、角材の縦格子フェンス、配送方法

トラックチャーター便

 

設置工事について

場所と状況により、関東限定でお請けしています。
また、工事の日程調整には時間がかかりますので、お待ちいただける場合は、お問い合わせください。

設置工事の費用は、設置条件によって異なります。
・まず、設置場所の写真を何枚か撮ってお送りください。大まかな製品代と工事費をご案内します。
・ご了解いただけましたら、現地調査に伺い、あらためて見積りいたします。

 

☞ ご質問、見積りのご依頼をお受けしています。

事業者のお客様、個人のお客様、どちら様もお気軽にお尋ねください。

 

フォームのほかにも

Eメールで、 infokazedaichi-pro.jp

ご面倒をおかけいたしますが、を@に差し替えてお送りください。

FAX(03-5681-4911)で、
電話(03-5681-4912)で、お問い合わせください。

電話の場合は、つながりにくいことがあります。
折り返しご連絡いたしますので、お客様のお名前と連絡先、ご用件をお伝えください。

 
 
コピーライトは風大地プロダクツに属します。